アタック

アタックは、アクション行動のひとつ。
自軍?ユニットチェックすることで、敵軍?のバトルエリアに攻撃すること。
アタックしたユニットは、敵軍のユニットやキャスターにアタックダメージを与える。

アタックの手順

アタックはアクションフェイズ?に、アクション行動のひとつとして以下の手順で行う。
アタックを行う側のプレイヤーを攻撃側、アタックされるプレイヤーを守備側と呼ぶ。

  1. 攻撃側は、自軍のユニットの中から、アタックさせたいユニットを任意の数選ぶ。
    このとき、異なるバトルエリアに存在するユニットを選んでも構わない。
  2. アタックのためのチェックコスト?を支払うため、選んだユニットをチェック状態にする。
  3. 攻撃側は、アタックする敵軍のバトルエリアを選ぶ。ユニットもHPのあるキャスターも存在しないバトルエリアは選べない。
  4. 守備側は、アタック先に選ばれたバトルエリアの中から、ユニットまたはキャスターを1体選び、ブロックさせる。
    ユニットはノーマル?状態でもチェック状態でも構わないが、キャスターはHPが1枚以上残っていなければブロックできない。
    また、どれでブロックするか決める前にゴッドドローすることができる。
  5. 守備側が先にリアクションを行う権利を得て、リアクション連鎖?が発生する。
  6. リアクションの処理がすべて終わったら、ブロックしたユニットやキャスターにアタックダメージが与えられる。
    与えられるアタックダメージは、アタック中のユニットのBPを合計した値に、コードアビリティによる増減を加えた値である。

アタックダメージが与えられた結果、ユニットやキャスターのHPがブレイクすることがある。
ユニットは自身のBP以上のアタックダメージを受けるとブレイクし、キャスターのHPはHP価値?以上のアタックダメージを受けるとブレイクする。

  • チェックコストは、すでにチェック状態のユニットでは支払えない。つまり、アタックできるのはノーマル状態のユニットだけである。
  • アタックの回数に制限はない。アクション行動を行えるタイミングでノーマル状態のユニットがいるなら、1ターンに何回でもアタックできる。
  • リアクションを行う直前にもゴッドドローは行えるため、守備側はブロックを指定する直前と直後の両方でゴッドドローできることになる。
    とはいえ「これを引くなら別のユニットでブロックしておけばよかった」ということもあり得るので、ゴッドドローはブロックを決める前に行っておきたい。

アタックボーナス

アタックダメージによってユニットがブレイクし、アタックされたバトルエリアに守備側プレイヤーのユニットが1体もいなくなった場合、そのバトルエリアのキャスターのHPが1枚ブレイクする。
これをアタックボーナスと呼ぶ。

  • アタックボーナスに関わるカードには、アタックボーナスを増やす《決戦型超々ド級ヴェーダ インドラ?》や、エンチャントしたキャスターにアタックボーナスが適用されないようにするChapter3の『加護』アームズなどがある。
  • アタックボーナス発生時点でキャスターのHPが0の場合は何も起こらないが、ユニットがブレイクした時点でHPが0であってもアタックボーナスは発生し得る。《決戦型超々ド級プルート ハーデス?》の『冥氷』がこれに関わる。

キャスターのアタック

アームズのアビリティ『直接攻撃』は、キャスターでアタックすることを可能にする。
キャスターでアタックする場合も、ユニットでアタックする場合と同様の手順で行い、チェックコストもキャスターのチェックで支払う。
可能なら、ユニットとキャスターで同時にアタックしてもよい。
キャスターのアタックで発生するアタックダメージは、『直接攻撃』によって決められた値である。






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-06 (月) 00:16:12